示談までの流れ

交通事故に遭うと、その加害者の運転手との示談となりますが、ではその示談はどのような流れで行われるのでしょう。

まずは、事故発生日です。

そのときは、痛みや怪我を感じなくても、後日、痛みが出たり怪我が発見されたりすることがあります。

必ず警察へ届け、人身事故として処理してください。次に、事故後の入院や通院に関してです。病院にかかる場合は、第三者後遺障害としての届け出を行いましょう。

これは市役所などの窓口で受付けしてもらえますので、たとえ健康保険や労災保険を利用する場合でも届けてください。

事故によって怪我をした場合、治療によってその症状が改善されたり完治したりします。

ただ、これ以上治療してもその症状に変わりがないと判断されることを症状固定と言い、この判断がなされると、それ以後の病院での費用を請求することはできません。この症状固定後の後遺症については後遺障害の認定申請やそれに伴う被害射精球で対応します。

そして、この症状固定や後遺障害の認定が終了すれば、そこから示談交渉となります。治療費や休職期間の賃金、補償金などを加害者へ請求するのです。その後、加害者や保険会社からの示談金の額に納得すれば示談は成立するという流れになります。

(示談の注意点)